スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァソン アナマンダラ ニャチャン

エヴァソン アナマンダラ ニャチャン
Evason Ana Mandara Nha Trang

アナマンダラロゴ

東南アジアのビーチリゾートとして注目されるベトナム・ニャチャンで
唯一のオンザビーチを誇るホテル、エヴァソンアナマンダラです。
全室ヴィラタイプで74室の客室を含む17棟のヴィラで構成されています。
室内は、アジアらしい木製家具やガラス窓を大きめにとったバスルームなど
自然との一体感を演出したつくりになっています。
多くの受賞歴を誇るシックスセンシズスパも人気です。
日本人旅行客やリピーターが多く訪れるニャチャンでもトップクラスの
人気を誇るホテルです。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

ロビー棟
ニャチャンで唯一のオンザビーチのホテルということで、
数々のホテルが建ち並ぶ通りをこのエヴァソンアナマンダラだけは、
海側に入っていきます。

こちらのロビー棟からは、ガーデンの向こうに海が広がっています。

ロビー棟からのながめ

レセプション
こちらは、ロビー棟内のレセプションです。

ロビースペース
シンプルな木製のソファーが並ぶ、ロビースペースです。
隣には、雑貨などを扱うショップが入っています。

それでは、手入れが行き届いたガーデンを抜け、お部屋へと
向かいましょう。

ガーデン1

               ガーデン2

ヴィラ外観
今回は、お部屋の広さ48㎡とゆったりとしたつくりで、
お部屋から緑豊かなガーデンを見渡せるガーデンビュールームを
ご紹介します。

客室1

客室2
天蓋付きのベッドがリゾート気分を盛り上げてくれる
お部屋です。
シンプルなつくりでインテリアもシンプルなものが並んでいます。

サイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルです。
壁面には、照明コントロールが並んでいます。

ベッド正面のテレビ
ベッド正面には、壁掛けテレビがあります。
DVDプレーヤーも配備されています。
旅先のホテルでゆっくりDVD鑑賞なんて優雅な時間の過ごし方
だと思います。お気に入りのDVDを日本から是非、ご持参ください。

テレビ下のラックの冷蔵庫
テレビ下のラックの開きには、冷蔵庫や湯沸し器、ティーセット
などが収められています。

デスク周り
こちらは、デスク周り。
シンプルですっきりした家具が並んでいます。

デスク上のマルチコンセントタップ
デスク上には、マルチコンセントのタップが配されています。
マルチですので、日本の電気製品をそのままご利用いただけますが、
変圧機能がありませんので、対応電圧は、取扱説明書にてしっかりと
ご確認ください。

デスク上のお香
デスク上の小さなボックスは、中にお香が入った、
お香立てです。
自然を大切にしているホテルですので、どうしても蚊が多いそうです。
お部屋には、蚊取り線香やこちらのお香がありますので、こちらを
利用して対応をお願いします。
あまりにも蚊などの虫が気になる場合には、ホテルにお願いすれば
対応してくれます。

リビングスペース
こちらは、お部屋内のリビングスペースです。
テーブルの上に瓶が見えていると思います。
こちらもホテルのコンセプトにのっとり、ペットボトルでは無く
リユースが可能な瓶にてミネラルウォーターを提供してくれます。
衛生面には、しっかり配慮しておりますのでご安心ください。

クローゼット1
お部屋奥に配されているクローゼットです。
クローゼット上のバンブー素材のカバーの中には、
エアコンが設置されています。
無機質なエアコンもカバーが付くだけで受ける印象が
全然違いますね。

クローゼット2
クローゼットの中には、バスローブやスリッパ、ヘアドライヤー、
セイフティボックスが収められています。

クローゼット3
クローゼット中段にあるプッシュ式のボトルですが、
こちらには、虫除けのジェルが入っています。
リゾート内の散策などに出られる際は、こちらをご利用ください。

続いて、バスルームをご紹介していきます。

洗面台
まずは、洗面台です。

洗面台2
ダブルタイプのシンクです。
シンク自体は、特徴的なデザインでお洒落です。

洗面台脇にマルチコンセント
洗面台脇の壁面には、マルチコンセントと髭剃り用の電圧が
低く設定されているマルチコンセントがあります。

バスタブへの扉
続いては、バスタブです。
と言いたいところですが、写真でお分かりいただけるように
半外の場所にバスタブとシャワースペースがあるんです。

バスタブ2
外の空気を感じられるバスタブとシャワーです。
もちろんプライバシーは、しっかりと保たれています。

バスタブ1
ゆったり広々のバスタブに
レインシャワーとハンドシャワー
水圧が優しいレインシャワーとハンドシャワーが備えられています。

バスタブ3
お部屋によっては、バスタブとシャワーが完全に室内に
置かれているタイプもございます。

魚がモチーフの洋服かけ
バスルームには、かわいらしい魚がモチーフとなった
洋服掛けがありますよ。

ヴィラテラス
お部屋の外には、ゆったりスペースのテラスがあります。
お部屋の中は、禁煙ですので愛煙家の方は、こちらでどうぞ。

テラスからの眺め
テラスからは、緑豊かなガーデンが見渡せますので、
ゆっくりとおくつろぎいただけます。
蚊への対策は、しておいてくださいね。

CIMG4178.jpg
各部屋の部屋番号の下には、写真のようなサインパネルがあります。
こちらは、ホテルによくある「起こさないでください」というような
サインを表しています。

CIMG4179.jpg
目を閉じておけば、「起こさないでください」を意味するそうです。

ペットボトルなどの使い捨てのものではなく、瓶やプッシュボトルを
利用していくというコンセプトに基づき、自然に優しいホテルです。

続いて、ホテルのその他の施設もご紹介していきます。

プール3
まずは、プールからです。
ビーチリゾートらしく大きなインフィニティプールです。

プール2
ビーチの目の前、海を眺めながらゆっくりとお過ごしいただけます。

テラスプール
続いて、こちらもビーチ沿いにつくられた、テラスプール&ジャグジーです。

ホテル前のビーチ
こちらは、ホテル前のビーチです。
白いテーブルセットは、ビーチレストランのものです。

ビーチレストランのフラッグ
こちらは、テーブルにセットされているフラッグです。
フラッグにメニューが記載されています。
注文したいときには、このフラッグをテーブルやビーチに
立てるとオーダーをとりにきてくれます。
写真に私の足が写りこんでしまっていて申し訳ございません。

ビーチのシャワー
ビーチからホテル内へ戻る際は、こちらのシャワーで
さっぱりしてからどうぞ。
シャワーヘッドがヤシのみでカバーされているんですよ。

レストランもご紹介します。

レストラン1
こちらは、「The Pavillion Restaurant」
朝食会場にもなり、ビュッフェスタイルで提供してくれます。

レストラン テラス席
こちらは、人気のテラス席です。
朝食の時間帯は、海からの涼しい心地よい風が入りこちらの席は、
多くの人で賑わうとのことですよ。
こちらのパビリオンレストランは、24時間営業しています。

その他にも朝10時から夜10時まで営業している、
メインプール横のビーチレストラン。

朝8時から営業している、
「プールバー」や「ロビーバー」もあります。

スパ エントランス1 スパ エントランス2
続いて、こちらもビーチ沿いに佇む、人気の
「SIX SENSES SPA」です。

スパレセプション
こちらは、スパレセプション。

スパロビー
レセプション前のロビースペースです。

トリートメントルーム2
ダブルタイプのトリートメントルームです。

トリートメントルーム1
こちらは、海に面したトリートメントルーム。
もちろんお部屋からは、海を見渡すことができます。

トリートメントルーム3
天気が良く風の弱い日には、周りの幕を上げてトリートメントを
受けることもできますよ。

リラクゼーションスペース
こちらは、トリートメント後にゆっくりと寛ぐことが可能な
リラクゼーションスペースです。
スパおすすめのドリンクなどを飲みながらゆっくりお過ごしください。


お子様にも喜んでいただけるアクティビティやツアーをご用意しており
テニスラケットやシュノーケリング用具は、お子様用も用意してくれて
いるそうです。

ご夫婦やファミリー、カップルや女子旅と様々なニーズの方に
対応してくれているエヴァンソンアナマンダラニャチャン。
日本人スタッフもいて、安心の対応をしてくれますよ。

今、注目を集めるベトナムビーチリゾートのニャチャンにて
エヴァンソンアナマンダラのきめ細かなサービスをご堪能ください。

   エヴァンソンアナマンダラ利用のツアー掲載がある
   アジアワールドのホームページはこちら   
    http://asia.kisinter.com/


記載の情報は、2012年11月現在のものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。