スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリアハノイホテル

メリアハノイホテル
MELIA HANOI

メリアハノイ

ハノイ中心にあり、ホアンキエム湖や旧市街など徒歩圏内で
観光地をまわれるとても便利な場所に位置するホテルです。
ハノイのランドマーク的存在であり、ショッピングや観光目的
の方とビジネス目的の方にも支持されています。
モダンなつくりの中にもロビーの柱や壁面にはベトナムらしい
デザインが施され落ち着いた雰囲気をかもし出しています。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

メリアハノイ 外観
まずは、ホテルの外観からです。
ハノイの中心地に位置するランドマーク的存在の高層ホテルらしく
等間隔で引かれた赤いラインが印象的な建物です。

メリアハノイ エントランス
多くの車が出入りするエントランスは、広々としています。

メリアハノイ ロビー
明るく落ち着いた雰囲気のホテルロビーです。

メリアハノイ レセプション
ロビー奥には、レセプションカウンターが並んでいます。
中央の柱やレセプション後ろの壁面には、ハノイの風景が
描かれています。

ロビー
ロビーの吹き抜け部分には、2階へと続く階段があります。
映画に出てくるような雰囲気のある階段です。

それでは、ロビーをあとにして
エレベーターホール
こちらのエレベーターホールを抜けお部屋へと
向かいます。

エレベーターホール2
エレベーターを降りると驚きの広さのエレベーターホールが
広がっています。

まずは、レベルデラックスルームです。

メリアハノイ レベルデラックス 客室1

メリアハノイ レベルデラックス 客室3
シンプルなインテリアが並ぶすっきりしたモダンなデザインのお部屋です。

メリアハノイ レベルデラックス 客室4
ベッドの正面には、テレビが置かれています。

マルチコンセントプラグが収められた引き出し
テレビが置かれたラックの引き出しには、お酒やスナック類が
収められています。こちらは、有料ですので、ご利用の場合には
チェックアウト時に精算をお願いします。

お酒やスナックと一緒にマルチコンセントプラグも収められていました。
マルチですので、日本のものがそのまま使用いただけますが、
変圧機能がありませんので、ご注意ください。
対応電圧は、製品により異なりますので、説明書にてご確認ください。

湯沸かし器とミネラルウォーター
下の引き出しには、湯沸し器とミネラルウォーターなどが
収められています。

CIMG4938.jpg
引き出し横の開きには、冷蔵庫が収められています。
こちらの飲物もやスナック類も有料です。

メリアハノイ レベルデラックス 客室2
お部屋の奥には、デスクとソファーがあります。

CIMG4941.jpg
デスク脇の壁にマルチコンセントがあります。
こちらであれば先ほどのプラグは必要ありません。

クローゼット2 クローゼット1
お部屋に入ってすぐ脇には、クローゼットがあります。
スライド式の扉になっていて、それぞれにガウンやスリッパ
セイフティボックスが収められています。

続いてバスルームをご紹介。

洗面台
まずは、洗面台です。

アメニティグッズ
洗面台の上には、アメニティが並べられています。

洗面台脇のヘアドライヤー
洗面台脇の壁面には、ヘアドライヤーが配されています。
こちらにあるマルチコンセントは、使用可能な電圧が
低く設定されています。

バスタブ
バスタブです。
やっぱり湯船には浸かりたいですよね。

壁面固定シャワー
バスタブの上には、壁面固定式のシャワーがあります。
ガラスの仕切りがありますが、少しサイズが小さい気が
します。シャワーカーテンは、ありませんのでお湯の
お湯の飛び散りに少し注意が必要かもしれません。

バスルームのつくりは同じで、デスクが少し小さいものが
配されたお部屋でデラックスルームというカテゴリーも
あります。

メリアハノイ デラックス 客室1

メリアハノイ デラックス 客室3


続いて、ホテルのその他の施設もご案内させていただきます。

オアシススパ
まずは、人気のオアシススパです。

オアシススパコリドー
スパレセプション脇のこちらのコリドーを抜け、
トリートメントルームなどに向かいます。

スパジャグジー
スパ内のジャグジー。

      スパ内サウナ
      スパ内のサウナ。

            スパシャワーブース
            スパ内シャワーブース。
スパ施設内には、トリートメントルームだけでなく
色々な施設が入っていますよ。

メリアハノイ フィットネスセンター
充実設備を誇るフィットネスセンターもありますよ。

続いて、ホテル3階にあるプールです。

メリアハノイ プール1

              メリアハノイ プール2
3階にあるということで、周りの目を気にすることなく、
のんびりすることができますよ。

レストラン1
朝6時から深夜まで営業している
「El Patio Restaurant」

レストラン2
朝食会場にもなるレストランです。

朝食1

                    朝食2

        朝食3
朝食、ランチ、ディナーともにブッフェスタイルで提供されます。
豊富なメニューよりお食事をお楽しみいただけます。

観光・ショッピング・ビジネスと多様なニーズにこたえてくれる
「メリアハノイホテル」です。
ご夫婦やカップル、女子旅、ファミリーと皆様におすすめの
ホテルです。
新旧が交錯する街、ハノイのご滞在をよりよいものに
してくれるホテルだと思います。
是非、ご利用ください。

   メリアハノイホテル利用のツアーを豊富に取り揃えている
       アジアワールドのページはこちら       
     
            http://asia.kisinter.com/


記載の情報は、2012年11月のものです。
スポンサーサイト

エヴァソン アナマンダラ ニャチャン

エヴァソン アナマンダラ ニャチャン
Evason Ana Mandara Nha Trang

アナマンダラロゴ

東南アジアのビーチリゾートとして注目されるベトナム・ニャチャンで
唯一のオンザビーチを誇るホテル、エヴァソンアナマンダラです。
全室ヴィラタイプで74室の客室を含む17棟のヴィラで構成されています。
室内は、アジアらしい木製家具やガラス窓を大きめにとったバスルームなど
自然との一体感を演出したつくりになっています。
多くの受賞歴を誇るシックスセンシズスパも人気です。
日本人旅行客やリピーターが多く訪れるニャチャンでもトップクラスの
人気を誇るホテルです。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

ロビー棟
ニャチャンで唯一のオンザビーチのホテルということで、
数々のホテルが建ち並ぶ通りをこのエヴァソンアナマンダラだけは、
海側に入っていきます。

こちらのロビー棟からは、ガーデンの向こうに海が広がっています。

ロビー棟からのながめ

レセプション
こちらは、ロビー棟内のレセプションです。

ロビースペース
シンプルな木製のソファーが並ぶ、ロビースペースです。
隣には、雑貨などを扱うショップが入っています。

それでは、手入れが行き届いたガーデンを抜け、お部屋へと
向かいましょう。

ガーデン1

               ガーデン2

ヴィラ外観
今回は、お部屋の広さ48㎡とゆったりとしたつくりで、
お部屋から緑豊かなガーデンを見渡せるガーデンビュールームを
ご紹介します。

客室1

客室2
天蓋付きのベッドがリゾート気分を盛り上げてくれる
お部屋です。
シンプルなつくりでインテリアもシンプルなものが並んでいます。

サイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルです。
壁面には、照明コントロールが並んでいます。

ベッド正面のテレビ
ベッド正面には、壁掛けテレビがあります。
DVDプレーヤーも配備されています。
旅先のホテルでゆっくりDVD鑑賞なんて優雅な時間の過ごし方
だと思います。お気に入りのDVDを日本から是非、ご持参ください。

テレビ下のラックの冷蔵庫
テレビ下のラックの開きには、冷蔵庫や湯沸し器、ティーセット
などが収められています。

デスク周り
こちらは、デスク周り。
シンプルですっきりした家具が並んでいます。

デスク上のマルチコンセントタップ
デスク上には、マルチコンセントのタップが配されています。
マルチですので、日本の電気製品をそのままご利用いただけますが、
変圧機能がありませんので、対応電圧は、取扱説明書にてしっかりと
ご確認ください。

デスク上のお香
デスク上の小さなボックスは、中にお香が入った、
お香立てです。
自然を大切にしているホテルですので、どうしても蚊が多いそうです。
お部屋には、蚊取り線香やこちらのお香がありますので、こちらを
利用して対応をお願いします。
あまりにも蚊などの虫が気になる場合には、ホテルにお願いすれば
対応してくれます。

リビングスペース
こちらは、お部屋内のリビングスペースです。
テーブルの上に瓶が見えていると思います。
こちらもホテルのコンセプトにのっとり、ペットボトルでは無く
リユースが可能な瓶にてミネラルウォーターを提供してくれます。
衛生面には、しっかり配慮しておりますのでご安心ください。

クローゼット1
お部屋奥に配されているクローゼットです。
クローゼット上のバンブー素材のカバーの中には、
エアコンが設置されています。
無機質なエアコンもカバーが付くだけで受ける印象が
全然違いますね。

クローゼット2
クローゼットの中には、バスローブやスリッパ、ヘアドライヤー、
セイフティボックスが収められています。

クローゼット3
クローゼット中段にあるプッシュ式のボトルですが、
こちらには、虫除けのジェルが入っています。
リゾート内の散策などに出られる際は、こちらをご利用ください。

続いて、バスルームをご紹介していきます。

洗面台
まずは、洗面台です。

洗面台2
ダブルタイプのシンクです。
シンク自体は、特徴的なデザインでお洒落です。

洗面台脇にマルチコンセント
洗面台脇の壁面には、マルチコンセントと髭剃り用の電圧が
低く設定されているマルチコンセントがあります。

バスタブへの扉
続いては、バスタブです。
と言いたいところですが、写真でお分かりいただけるように
半外の場所にバスタブとシャワースペースがあるんです。

バスタブ2
外の空気を感じられるバスタブとシャワーです。
もちろんプライバシーは、しっかりと保たれています。

バスタブ1
ゆったり広々のバスタブに
レインシャワーとハンドシャワー
水圧が優しいレインシャワーとハンドシャワーが備えられています。

バスタブ3
お部屋によっては、バスタブとシャワーが完全に室内に
置かれているタイプもございます。

魚がモチーフの洋服かけ
バスルームには、かわいらしい魚がモチーフとなった
洋服掛けがありますよ。

ヴィラテラス
お部屋の外には、ゆったりスペースのテラスがあります。
お部屋の中は、禁煙ですので愛煙家の方は、こちらでどうぞ。

テラスからの眺め
テラスからは、緑豊かなガーデンが見渡せますので、
ゆっくりとおくつろぎいただけます。
蚊への対策は、しておいてくださいね。

CIMG4178.jpg
各部屋の部屋番号の下には、写真のようなサインパネルがあります。
こちらは、ホテルによくある「起こさないでください」というような
サインを表しています。

CIMG4179.jpg
目を閉じておけば、「起こさないでください」を意味するそうです。

ペットボトルなどの使い捨てのものではなく、瓶やプッシュボトルを
利用していくというコンセプトに基づき、自然に優しいホテルです。

続いて、ホテルのその他の施設もご紹介していきます。

プール3
まずは、プールからです。
ビーチリゾートらしく大きなインフィニティプールです。

プール2
ビーチの目の前、海を眺めながらゆっくりとお過ごしいただけます。

テラスプール
続いて、こちらもビーチ沿いにつくられた、テラスプール&ジャグジーです。

ホテル前のビーチ
こちらは、ホテル前のビーチです。
白いテーブルセットは、ビーチレストランのものです。

ビーチレストランのフラッグ
こちらは、テーブルにセットされているフラッグです。
フラッグにメニューが記載されています。
注文したいときには、このフラッグをテーブルやビーチに
立てるとオーダーをとりにきてくれます。
写真に私の足が写りこんでしまっていて申し訳ございません。

ビーチのシャワー
ビーチからホテル内へ戻る際は、こちらのシャワーで
さっぱりしてからどうぞ。
シャワーヘッドがヤシのみでカバーされているんですよ。

レストランもご紹介します。

レストラン1
こちらは、「The Pavillion Restaurant」
朝食会場にもなり、ビュッフェスタイルで提供してくれます。

レストラン テラス席
こちらは、人気のテラス席です。
朝食の時間帯は、海からの涼しい心地よい風が入りこちらの席は、
多くの人で賑わうとのことですよ。
こちらのパビリオンレストランは、24時間営業しています。

その他にも朝10時から夜10時まで営業している、
メインプール横のビーチレストラン。

朝8時から営業している、
「プールバー」や「ロビーバー」もあります。

スパ エントランス1 スパ エントランス2
続いて、こちらもビーチ沿いに佇む、人気の
「SIX SENSES SPA」です。

スパレセプション
こちらは、スパレセプション。

スパロビー
レセプション前のロビースペースです。

トリートメントルーム2
ダブルタイプのトリートメントルームです。

トリートメントルーム1
こちらは、海に面したトリートメントルーム。
もちろんお部屋からは、海を見渡すことができます。

トリートメントルーム3
天気が良く風の弱い日には、周りの幕を上げてトリートメントを
受けることもできますよ。

リラクゼーションスペース
こちらは、トリートメント後にゆっくりと寛ぐことが可能な
リラクゼーションスペースです。
スパおすすめのドリンクなどを飲みながらゆっくりお過ごしください。


お子様にも喜んでいただけるアクティビティやツアーをご用意しており
テニスラケットやシュノーケリング用具は、お子様用も用意してくれて
いるそうです。

ご夫婦やファミリー、カップルや女子旅と様々なニーズの方に
対応してくれているエヴァンソンアナマンダラニャチャン。
日本人スタッフもいて、安心の対応をしてくれますよ。

今、注目を集めるベトナムビーチリゾートのニャチャンにて
エヴァンソンアナマンダラのきめ細かなサービスをご堪能ください。

   エヴァンソンアナマンダラ利用のツアー掲載がある
   アジアワールドのホームページはこちら   
    http://asia.kisinter.com/


記載の情報は、2012年11月現在のものです。

ハイアットリージェンシーダナンリゾートアンドスパ


ハイアットリージェンシーダナンリゾートアンドスパ
HYATT REGENCY DANANG RESORT AND SPA

ホテルエンブレム

南シナ海をのぞむビーチ沿いに建つ開放感あふれる
洗練されたデザインのホテルです。屋外プールを
囲むように低層の建物が並びシンプルで居心地の
よい客室は淡い色を基調としたインテリアを使用
しています。新鮮な魚介類を活かした料理を提供
してくれるレストランなどホテル滞在を充実させる
施設が整っています。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

ホテルエントランス
まずは、ホテルエントランスです。
開放感抜群のエントランスからロビースペースを見ています。

ロビースペース
エントランスを進むとロビースペースがあります。

レセプション
その奥は、レセプションです。

エントランスから所々にある釣鐘のようなオブジェですが、
こちらは、蜂の巣のオブジェなんです。
中をのぞくとちゃんと蜂の巣のように穴が空いているんですよ。

それでは、ロビーをあとにし客室へと向かいましょう。

客室1

客室2
白を基調としたお部屋に淡い色のインテリアが配され、
清潔感のあるイメージです。
天井では、ファンが回りリゾート気分を盛り上げてくれます。

サイドテーブル
壁面に組み込まれているベッド脇のサイドテーブルです。

マルチコンセントと照明コントロール
壁面には、照明コントロールとマルチコンセントが配されています。
マルチコンセントですので、日本の電気製品をそのままご利用
いただけますが、変圧機能がありませんのでご注意ください。

リビングスペース
ベッド横には、ゆっくりと寛ぐことができそうなソファーがあります。
このソファーは、居心地が良さそうでここで眠ってしまいそうです。

ベッドの正面には、テレビがあります。

アイフォンステーション
テレビ下の収納には、アイフォンステーションがあります。
旅先のホテルでアイフォンに入っているお気に入りの
音楽を聴きながら寛ぐことができますね。

オブジェ

冷蔵庫
お部屋に入ってすぐの脇に壁に棚がつくりこまれていて
そちらに冷蔵庫やティーセットが収められています。

クローゼット
こちらは、クローゼットです。
写真では、わかりにくいかもしれませんが、こちらウォークイン
クローゼットなんです。
中には、アイロン台やアイロン、セイフティボックス、
ランドリーボックスが収められ、奥の棚は、トランクスペースです。

客室2
先ほども登場したこちらのお部屋の中の様子ですが、
わかりにくいですが、ベッドの正面にテレビがあります。
テレビがある壁面、写真でいう右の水色っぽい壁ですが、
この壁の向こうがバスルームです。

バスルーム
こちらがバスルームです。
テレビが収められている壁の両側がバスルームへの扉となっています。
ほんとにわかりにくくて申し訳ありませんが、洗面台の鏡に
扉の向こうのベッドとソファーが写っています。

洗面台
それでは、改めてこちらが洗面台。
シンプルで使い勝手の良さそうなダブルシンクです。
スペースも広く2人で並んで使っても充分な広さがあります。

アメニティ
シンクの真ん中のボックスの中には、アメニティグッズが収められています。

ヘアドライヤー
シンク下の引き出しには、ヘアドライヤーが収められていますよ。

湯沸かし器 洗面台脇のマルチコンセント
洗面台の上には左サイドに湯沸し器が置かれ、右サイドの壁面には、
マルチコンセントがあります。

バスタブ
バスルームの1番明るい場所にバスタブがあります。

シャワースペース
仕切りなどなどなく同じスペースにレインシャワーと
ハンドシャワーがあります。

バスタブとシャワーブースが別れているのもいいですが、
バスチェアーがありこれぞお風呂!
という日本のお風呂に近いものも落ち着きますね。
ただ、スクリーンが降りるとはいえ外から丸見えの
スペースにお風呂があるというのはちょっと落ち着かない
気がしますね。

バルコニー
1階のお部屋は、ガーデンにも行き来が可能なテラスです。

バルコニーのテーブルセット

              バルコニーのソファ
広いスペースのテラスには、ソファーとテーブルセットが
置かれています。
室内は、禁煙ですので愛煙家の方は、こちらでどうぞ。

シンプルで洗練されたお部屋です。
ご夫婦やカップルの方におすすめです。

続いて、ホテルのその他の施設もご紹介していきます。

まずは、人気のスパからです。

スパエンブレム
「VIE SPA」です。

スパレセプション
まずは、スパレセプション。
人気のスパですので、ホテルに到着されたら早めのご予約を
おすすめします。

スパレセプション上の照明
レセプションの上の高い天井からは、ホイアンの
ランタンを思わせるような照明が下がっています。

レセプションからの回廊
レセプションからトリートメントルームへと続く回廊です。

トリートメントルームエントランス
トリートメントルームは、このように独立した
ヴィラタイプになっています。

トリートメントルーム1

          トリートメントルーム2

                  トリートメントルームジャグジー
トリートメント内部は、マッサージベッドや大きなソファー、
外には、ジャグジーもありますよ。

フットスパスペース
フットスパをご希望のお客様には、こちらのスペースで!

リラクゼーションスペース
スパトリートメントの後には、こちらのリラクゼーションスペースで
ゆっくりとお過ごし下さい。

続いてレストランをご紹介。

グリーンハウス1

グリーンハウス2
本格的なベトナム料理と西洋料理の
「Green House」

ビーチハウス1

ビーチハウス2
伝統的なベトナム料理と西洋風グリルの
「Beach House」

ダナンのビーチ沿いに佇むリゾートホテルです。
もちろんプールもあります。

ダナン ハイアット プール2

     ダナン ハイアット プール3
2枚目のプール写真の奥で人が集まっているのが
わかりますか??

結婚式1

             結婚式2
私達が取材に訪れたこの日、偶然結婚式が行われていたんです!
参列者と一緒に拍手で祝福させていただきました!!
滞在中にこんな偶然に出くわすかもしれませんね。

ダナンのビーチ沿いに佇み、ダナンの市内や五行山への
観光にも便利なハイアットリージェンシーダナンリゾートスパ。
ご夫婦やカップル、ファミリーにもおすすめのホテルです。


   ハイアットリージェンシーアンドスパ利用のツアーが
掲載されているアジアワールドのホームページはこちら
   http://asia.kisinter.com/


掲載の情報は、2012年11月現在のものです。

シェラトンハノイホテル

シェラトン・ハノイホテル
Sheraton Hanoi Hotel

ハノイ シェラトン エントランス2

にぎやかなハノイの中心部に近いシェラトン・ハノイホテルは、
緑豊かな庭園と広い芝生、のどかな中庭に囲まれたホテルです。
この静かなオアシスは、ウエストレイクの素晴らしい眺めを誇り
ハノイのダウンタウンからは、10分足らずの場所に位置します。
お部屋からは、ハノイ最大の湖の風景を大パノラマでお楽しみ
いただけます。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

ホテルエントランス
ウエストレイクを眺めながらホテルに到着です。
こちらのエントランスより中へと進みます。

ホテルエントランス2
エントランスより進んでいくと噴水と綺麗に整理された
花が出迎えてくれます。

ホテル外観
上を見上げると白を基調とした外観が美しい高層型のホテルが
目に飛び込んできます。

それでは、ホテル内へと進んでいきましょう。

ロビー
こちらは、ホテルロビーです。
高級感ただようソファースペースとドーム型に装飾された
天井が高級感をさらに増してくれます。

レセプション
こちらは、レセプションです。
高級シティホテルらしく丁寧な対応で出迎えてくれます。

それでは、エレベーターにて客室フロアにあがり
コリドー
こちらのゆったりとした横幅のコリドーを通り
客室へと向かいましょう。

今回、ご紹介させていただくのは、デラックスルームです。

客室ダブル1

客室ダブル2
すっきりとしたお部屋の中にランプなどのインテリアは、ベトナムらしさを
感じさせてくれるものが使われています。

サイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルには、目覚まし時計や電話など
必要なものが揃っています。
ランプは、ハノイ近郊の陶器の産地、バッチャン村で
つくられたものですかね。

ソファスペース
こちらは、ソファースペース。

マルチコンセント
ソファーの後ろの壁面には、マルチコンセントがあります。
日本の物をそのままご利用いただけますが、変圧機能が
ありませんのでご注意ください。
対応電圧も製品により異なりますので、取扱説明書にて
ご確認のうえ、ご使用ください。

デスク周り
ソファースペースの向かいは、デスクスペースです。
大きな鏡も配置されていますので、化粧台としても
お使いいただけますね。

デスクの隣には、トランクラックもあります。

ベッド正面のチェストの上の壁面には、壁掛けテレビが配され、
その隣のチェストの開きの中には、冷蔵庫が収められています。

冷蔵庫
冷蔵庫の中の飲物は、ミネラルウォーターも含めて
有料ですので、ご利用の際は、チェックアウト時に
精算をお願いします。

クローゼット
こちらは、お部屋の入口のすぐ脇にあるクローゼットです。
セイフティボックス、スリッパが備えられています。
ヘアドライヤーもこちらにありますよ。

バスルーム
続いて、バスルームをご紹介です。
シャワーブースとバスタブが別れています。

洗面台
すっきりとした洗面台ですね。

バスアメニティ
洗面台の上の小さなラックにバスアメニティが並べられています。
隣のミネラルウォーターは、無料でご利用いただけますよ。

バスタブ
バスタブです。
ショッピングや観光で疲れた身体をお風呂に浸かりゆっくり
癒したいですね。

シャワーブース
ガラスで囲まれたシャワーブース。
お湯が飛び散る心配をせずゆっくりシャワーを浴びれます。

続いてその他のホテル内の施設もご紹介していきます。

プール
緑豊かな敷地内に広がるプールです。

フィットネスセンター
充実設備のフィットネスセンターもあります。
こちらでしっかり体を動かし、翌日からもベトナムの美味しいものを
沢山食べましょう。

へミスフィア
こちらは、ステーキ&シーフードグリルのお店
「へミスフィア」

オーヴンドール
定評ある国際料理をビュッフェで提供してくれる
「オーヴンドール」

是非、どちらのレストランもお試しください。

ウエストレイクの湖畔に佇む、シェラトンハノイホテル。
お時間のある方は、ウエストレイク湖畔の散策もお楽しみください。

ご夫婦やカップル、女子旅におすすめのホテルです。
もちろんビジネスでハノイを訪れるかたにもおすすめのホテルですよ。
是非、ハノイを訪れる際は、こちらのシェラトンハノイホテルを
ご利用ください。

   シェラトンハノイホテル利用のツアーが掲載されている
    アジアワールドのホームページはこちら
      http://asia.kisinter.com/

ロイヤルホテルサイゴン

ロイヤルホテルサイゴン

royal-logo[1]
コロニアル調の外観が目をひくグエンフエ通り沿いの
タックスショッピングセンターの隣に位置するホテルです。
クラシカルな雰囲気と近代的な設備が同居しています。
客室は、どこかベトナムらしさを残したインテリアで
まとめられ床はフローリングになっています。
中央郵便局やベンタイン市場へはそれぞれ徒歩約10分と
観光やショッピングにとても便利なホテルです。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

ホテル外観
まずは、ホテル外観です。

ホテル外観2
コロニアル調の外観が可愛らしいホテルです。

それでは、ホテル内へと進んでいきましょう。
ホテルロビー3
まずは、ホテルロビーです。
大きな柱の間にシャンデリアが輝いています。

ホテルレセプションn
続いてレセプションです。
歴史のあるホテルらしく丁寧な対応で出迎えてくれます。

ホテルロビー1

ホテルロビー2
ロビーには、しっかりとしたソファーが配されています。
上の写真のソファースペースの隣では、時計が販売されています。

それでは、客室へと向かいましょう。

客室棟へのゲート
エレベーターを降り、客室棟へのコリドーに写真のような
扉があります。こちらにルームカードキーをかざしてロック解除
しなければ客室スペースに入ることができません。
セキュリティ対策も万全です。

まずは、プレミアムデラックスルームをご紹介いたします。

プレミアムデラックスルーム
ダークブラウンのどこかベトナムらしさを残したインテリアが
配されています。

プレミアムデラックスルーム2

化粧台と湯沸かし器
ベッドの隣には、化粧台があります。
化粧台の上に湯沸し器が備えられています。

ベッド正面に壁掛けテレビ
ベッド正面に棚と一体になったデスクがあります。
壁には、テレビが掛けられています。

ソファースペース
デスクの向こうには、リビングスペースがあります。

冷蔵庫
テレビ下の棚には、冷蔵庫が収められています。
その上には、コーヒー&紅茶のセットと無料の
ミネラルウォーターが置かれています。
冷蔵庫の中の飲物は、有料ですので
ご利用された場合には、チェックアウト時に精算を
お願いします。

トランクスペース
冷蔵庫の隣にトランクスペースがあります。
必要なものが一体となっていて使い勝手がよさそうです。

クローゼット
クローゼットには、セイフティボックスと写真ではわかりにくいかも
しれませんが、下にスリッパが備えられています。

続いてバスルームをご紹介していきます。

バスルーム
必要なものがキュッとコンパクトにまとめられたイメージの
バスルームです。

バスアメニティ
洗面台の上には、バスアメニティがまとめて収められています。

ヘアドライヤー
洗面台脇の壁面には、ヘアドライヤーが備えられています。

壁面にマルチコンセント
ヘアドライヤーの上部の壁面には、マルチコンセントがあります。
日本のものをそのままご利用いただけますが、変圧機能が
ありません。また、対応電圧もありますので、お使いになる
電気製品の説明書をご確認下さい。

バスタブとハンドシャワー
バスタブとハンドシャワーです。


続いて、デラックスルームをご紹介します。
バスルームのイメージは、同じですので、
お部屋のイメージをご紹介します。

デラックスルーム1

デラックスルーム2
先ほどのプレミアムデラックスルームをコンパクトにしたイメージですね。

デラックス 化粧台
化粧台もしっかりしたものがありますよ。

デラックス 化粧台脇のマルチコンセント
化粧台の鏡の脇にマルチコンセントが配されています。

デラックス 室内 (2)

デラックス ソファ周り デラックス デスク周り
インテリアのデザインの違いは無く、プレミアムデラックスルームを
コンパクトにまとめたイメージですね。

続いてホテル内のその他の施設もご紹介していきます。

ヘルスクラブ
こちらは、プールなどの施設が入っている
ヘルスクラブです。

ヘルスクラブ ロッカー
こちらのロッカールームで水着などに着替えてお目当ての
場所に向かいましょう!

ヘルスクラブ プール2

          ヘルスクラブ プール3
こちらは、スイミングプールです。
本格的に泳ぎこむこともできると思いますよ。

ヘルスクラブ マッサージルーム
ヘルスクラブには、マッサージルームもあります。
観光やショッピングで疲れた身体をこちらで癒してあげてください。

続いて、レストランをご紹介します。

レストランエントランス

レストラン
朝6時から営業しているレストラン、
「BBOULRVARD RESTAURANT」です。

ベトナム・中華・イタリアンなどの料理をビュッフェスタイルで
お楽しみいただけます。

ホーチミンで観光やショッピングを楽しむのにとても
便利なホテルです。
女子旅やカップルにおすすめのホテルです。

   ロイヤルホテルサイゴンを利用するツアーの掲載がある
    アジアワールドのホームページはこちら     

    http://asia.kisinter.com/

記載の情報は、2012年11月のものです。

シェラトンニャチャンホテル&スパ

シェラトンニャチャンホテル&スパ

シェラトンニャチャン

ニャチャン湾をのぞむ海岸線沿いのホテルです。
ホテルでのんびりされたい方、観光を楽しみたい方、どちらにも
おすすめのホテルです。ホテル内は、全体的にすっきりとした
イメージで清潔感が漂います。
東南アジアのビーチリゾートとして注目を集めるニャチャンに
新しい風を吹き込んでいます。

それでは、ホテルをご紹介してきます。

ホテルロビー1
まずは、ロビーです。
明るくすっきりとしたイメージです。

2階部分まで吹き抜けの大きな天井
2階部分まで吹き抜けになっている大きな天井からは、
ガラスのオブジェが渦巻き状に飾られています。

CIMG4109.jpg

ガラスのオブジェの正体は、鳥の群れが渦巻き状に上昇して
いっているものです。
太陽の光と照明の光でキラキラと輝いてすごく綺麗ですよ。

ホテルレセプション
ロビーの奥には、レセプションがあります。

ホテルロビー3

ホテルロビー4
ホテルに入って右側には、2階レストランへと続く階段と
ソファースペースがあります。

コンシェルジュデスク
左には、コンシェルジュデスクがあります。
ホテル内のことや周辺の観光情報なんかも親切に教えてくれます。

それでは、ロビーを後にし、客室へと向かいましょう。

コリドー
エレベーターを降りこちらのゆったりスペースの
コリドーを通りお部屋へと向かいます。

客室入り口
今回は、ホテル内で145室と1番多くあるルームタイプの
デラックスルームをご紹介します。

客室1

客室2
お部屋の広さは、33㎡から41㎡とゆったりとしたつくりです。
お部屋の中もすっきりとした明るくすっきりとしたイメージです。
ベッド正面には、壁面にはめ込まれるよう形でテレビがあります。

サイドテーブル1 サイドテーブル2
ホテル脇のサイドテーブルです。

壁面のマルチコンセント
それぞれのサイドテーブルの壁面には、マルチコンセントが
あります。
電圧のあうものであれば、日本の電気製品をそのままご利用
いただけます。変圧機能がありませんのでご注意ください。

デスク周り
こちらは、デスク周りです。

デスク壁面のマルチコンセント
丸い鏡の下の壁面にもマルチコンセントが2つあります。
ベッド脇のマルチコンセントで携帯電話をこちらで
旅の必需品、デジカメを充電できますね。
電圧にはご注意くださいね。

インターネット接続用のLANケーブルもあります。
LAN接続サービスは、有料です。

湯沸かし器とティーセット
お部屋の棚の上には、湯沸し器とティーセットがあります。
こちらのスペースにあるものは、ミネラルウォーターも
含めて無料です。コーヒー、紅茶をお部屋にてお楽しみ下さい。

冷蔵庫
その下には、冷蔵庫が収められています。
冷蔵庫の中のものは、有料ですので、ご利用された場合は、
チェックアウト時に精算をお願いします。

ソファースペース
ベッドの横には、ソファースペースがあります。
ゆったりと腰掛けることができるソファーで
窓からの海の眺めが最高です。
大きくはありませんが、バルコニーもありますよ。

バルコニーからのながめ1

バルコニーからのながめ2
バルコニーからは、ナトラン湾を一望できます。

白い砂浜とヤシの木が南国ムードを一層引き立てます。
夜は、湾内に漁船の明かりが点々とともりムード満点ですよ。

クローセット
お部屋に入ってすぐの場所にクローゼットがあります。
中には、セイフティボックス、アイロン、ガウン、スリッパが
備えられています。
引き出しの中にヘアドライヤーも収められています。

トランクスペース
クローゼットの隣には、トランクスペースがあります。

続いてバスルームをご紹介します。

バスルーム

洗面台
まずは、洗面台です。

石鹸などのアメニティが整然と並べられています。

シャワースペース
続いて、お風呂スペースです。
シャワーは、水圧の優しいレインシャワーとハンドシャワーが
備えられています。

バスタブ
バスタブは、ゆったり広々です。
壁がガラス張りですので、お風呂につかりながらテレビ鑑賞も
できます。
もちろんシェードを降ろすことができますので、プライバシーも
保てますよ。

バスルーム3
お部屋側からバスルームを見ると写真のようになっています。

すっきりとしたお部屋は、ご夫婦やカップル、女性同士の旅行、
また、ビジネスでニャチャンを訪れる方にもおすすめです。

続いてホテル内の他の施設もご紹介していきます。

まずは、人気のスパからです。

スパトリートメントルーム

              スパジャグジー
午前9時から午後11時まで営業している、
「シャインスパ」です。

ジャグジー1 ジャグジー2

サウナ ヨガスタジオ
スパ施設内には、ジャグジーやサウナ、ヨガスタジオがあります。

フィットネスセンター
本格的なフィットネスセンターもあります。

プール1

プール2 プール3
こちらは、屋外のインフィニティプールです。
海とプールを眺めながら、プールサイドでのんびり過ごすなんていう
贅沢な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

屋外シャワー
プールの脇には、こんなこじゃれたシャワーが設置されています。

続いて、クラブルームとスイートルームご利用のお客様が
ご利用いただけるシェラトンクラブラウンジです。

クラブラウンジ1

       クラブラウンジ3

                クラブラウンジ2
こちらのクラブラウンジでは、ご朝食、アフタヌーンオードブル、
各種お飲み物がご利用いただけます。
また、チェックイン・チェックアウトの手続きもこちらで行って
いただくことができます。
クラブルームやスイートルームをご利用の方は、是非、こちらも
ご利用下さい。

続いてレストランをいくつかご紹介いたします。

フィースト0 フィースト2

フィースト1
こちらは、朝食会場にもなる「フィースト」です。
朝食:06:30-10:30 ランチ:12:00-14:00 ディナー:18:00-22:30
新鮮な食材を使っての創作料理を提供してくれます。
ベトナムをはじめアジア、インド、イタリア、日本料理をお楽しみいただけます。

ワインバー ワインバー2
こちらは、フランス、イタリア、スペイン、アルゼンチン、オーストラリア
チリ、ニュージーランド、南アフリカ、アメリカなどの各産地のワインを
100本以上の中からお選びいただける
「ザ・ワインバー」です。
営業時間は、16:00-24:00です。


今、東南アジアのビーチリゾートとして注目を集めるベトナム・ニャチャン。
その中でも一際、洗練された雰囲気をかもし出している
「シェラトンニャチャンホテル&スパ」

是非、ご利用ください。

   シェラトンニャチャンホテル利用のツアーが掲載されている
アジアワールドのホームページはこちら           
 http://asia.kisinter.com/


記載されている情報は、2012年11月現在のものです。

フラマリゾート

フラマリゾート

フラマロゴ

注目を集めるベトナム・ダナンの中心地から程近い
美しいビーチを有する「フラマリゾートダナン」。
緑豊かなリゾート内は、カラフルな花々がお出迎えしてくれます。
海を眺めながら食事をとれるレストランやプール、スパなど
充実の施設をほこります。
フラマリゾートは、ベトナムで最初に5つ星をとったホテルと
しても有名で、隅々まで行き届いたサービスをご堪能いただけると
思います。

それでは、リゾート内をご紹介していきます。

エントランス1
ホテルのエントランスです。
すっきりとした印象のエントランスですね。

早速、ホテル内へと入っていきましょう。

ホテルロビー1
吹き抜けがより一層広く感じさせてくれるロビーです。
ホテルロビー2

ホテルロビー3
ロビーには、ダナンが拠点となるミーソン遺跡を連想させる
彫刻のオブジェが配されています。

レセプション
こちらは、レセプションです。
レセプションのカウンターに彫刻が施されています。

ロビー棟からリゾート内をのぞむ
ロビー棟からリゾート内をみています。
写真では、少しわかりにくいですが、ガーデンの向こうにプールが
ありその向こうに青く見えているのは海です。
ベトナムというとリゾートのイメージがあまり無いという方もいらっしゃると
思いますが、ダナンは、同じくベトナムのニャチャンと並びビーチリゾート
としても注目を集めています。

客室棟外観
それでは、ロビー棟を後にし、緑豊かなガーデンを抜け
客室棟へと向かいましょう。

今回は、ラグーンビュースーペリアルームをご紹介します。

客室1
客室の様子です。
木のぬくもりが感じられるお部屋ですね。

客室4

客室2

客室3
インテリアもベトナムらしいデザインで優しい印象です。

サイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルに置かれているランプのデザインも
ベトナムらしいですね。
車で30分程で行くことのできるホイアンのランタンを
どこか連想させます。

ソファースペース
ベッドの脇には、ゆったりと広いソファースペースがあります。
クッションや壁に掛かった緑がこの部屋には浮いているように
感じてしまうかもしれませんが、お部屋の窓から見える
リゾート内の緑とマッチして全く違和感をかんじませんでしたよ。

ベッド正面にテレビ
ベッド正面には、テレビがアンティーク風のラックに
収められています。
お部屋のスペースの使い方が贅沢ですね。

デスク周り
テレビラックの隣、ソファースペースの正面には、
デスクがあります。大きな鏡もありますので、
化粧台としてもお使いいただけます。

デスク上のLANケーブル
デスク上にLANケーブルがあります。
ご利用に関しての詳細は、ホテルにてご確認下さい。

             デスク下にコンセント
デスク下にコンセントがあります。

デスク引き出しにマルチコンセントのタップ
デスク引き出しに懐中電灯とともにマルチコンセントのタップが
収められています。
こちらで日本の物もそのままご利用いただけますが、変圧機能が
ありませんのでご注意ください。

バルコニー
お部屋には、バルコニーもありますよ。
緑豊かなガーデンやラグーン(プール)を眺めてのんびりできます。
バルコニーからのながめ

湯沸かし器とティーセット 冷蔵庫
お部屋の入口からベッドスペースに入る直前にある棚の上部に
湯沸し器とティーセットなどが配されています。
その下の開きの中には、冷蔵庫が備えられています。
お酒やスナック類、冷蔵庫の中の飲物は、有料ですよ。
ご利用された場合には、チェックアウト時に精算をお願いします。

お部屋の入口からすぐのところにある扉を入ると、

ウォークインクローゼット
バスルームへ向かう途中がクローゼットスペースなんです!
ウォークインクローゼット風ですね。

クローゼット1 クローゼット2
クローゼット部分には、セイフティボックスがあります。
反対側は、トランクスペースです。
傘やリゾート内でご利用いただけるバックがあります。

では、その先のバスルームもご紹介します。

洗面台
洗面台です。
シンクの上の木枠と同じ幅の大きな鏡があります。

ヘアドライヤー アメニティ
洗面台脇の壁面にヘアドライヤーが備えられています。
バスアメニティもコンパクトにボックスに収められています。

シャワーブース
シャワーブースです。
こちらのお部屋は、バスタブが無いお部屋ですが、
その分すごくゆったりとしたシャワースペースです。
壁面固定式とハンドシャワーがあります。

リゾートホテルらしく、ゆったり広々とした
お部屋のつくりで、お部屋スペースは、40.1㎡、
バルコニースペース11.3㎡と充分な広さです。

それでは、リゾート内のその他の施設もご紹介していきます。

スパエントランス1

            スパエントランス2
まずは、人気のスパからです。

スパトリートメントルーム
こちらで種類豊富なスパトリートメニューからお好みの
コースを選択していただいてリフレッシュして下さい。

スパリラクゼーションスペース
トリートメントが終了したらこちらのリラクゼーションスペースで
のんびりと過ごしてください。

フィットネスセンター
スパに隣接するフィットネスセンターです。
ダナンの美味しい食事を食べすぎてしまったときは、
こちらのフィットネスセンターへどうぞ!

プライベートビーチ
続いて、リゾートの目の前に広がるプライベートビーチです。
私が訪れたのは、雨季の終わりかけのシーズンなのですが、
気候的には、海が気持ちよさそうでした。
ただ、地元の人に聞くと雨季は海に入らないということでした。
確かに風が強く波が高くなっていましたので、郷に入れば
郷に従えで無理はしないでください。
11月から4月の乾季には、サーフィンも出来るそうですよ。
日本ではあまり知られていませんが、多くのサーファーが
訪れるそうです。ダナン市内には、サーフショップもあるそうです。

メインプール
海に入れなくてもご安心ください。
リゾート内には、プールがあります。
こちらは、海を眺めながら入ることができるメインプールです。

ラグーンプール2

       ラグーンプール1
こちらは、ラグーンプールです。

HAI VAN LOUNGE
まずは、軽食やカクテルが楽しめる「HAI VAN LOUNGE」

オーシャンテラス
こちらは、美しい海を眺めながらお食事やお飲み物が楽しめる
「オーシャンテラス」

DON CIPRIANIS 入り口 DON CIPRIANIS
プールサイドのレストラン
「DON CIPRIAN'S」

その他にもアジア料理が中心の「CAFE INDOCHINE」や
ラグーンプールの脇にたたずむ「LGOON BAR」なども
あります。
気分に合わせてお楽しみいただけます。

ダナン フラマリゾート 爪楊枝にシナモンの塗ってある
こちらは、フラマリゾートのレストランにある爪楊枝なんですが、
先の方が少し茶色くなっているのがわかりますか?

実はこれ爪楊枝の先にシナモンのパウダーが付けられているんです。
おいしい爪楊枝ですよ!

ダナンの中心地や五行山には車ですぐのところ。
ホイアンへも車で30分ほどで行くことができる
フラマリゾートです。
ショッピングや観光に最適なホテルです。
ご家族やご夫婦、カップル、女子旅などにも
おすすめのホテルです。

アジアのビーチリゾートとしても注目を集めつつある
ダナンのフラマリゾート、是非ご利用ください。

フラマリゾート利用のツアーが満載の
   アジアワールドのホームページはこちら
   http://asia.kisinter.com/

記載の写真などの情報は、2012年11月現在のものです。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。