FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイアットリージェンシーダナンリゾートアンドスパ


ハイアットリージェンシーダナンリゾートアンドスパ
HYATT REGENCY DANANG RESORT AND SPA

ホテルエンブレム

南シナ海をのぞむビーチ沿いに建つ開放感あふれる
洗練されたデザインのホテルです。屋外プールを
囲むように低層の建物が並びシンプルで居心地の
よい客室は淡い色を基調としたインテリアを使用
しています。新鮮な魚介類を活かした料理を提供
してくれるレストランなどホテル滞在を充実させる
施設が整っています。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

ホテルエントランス
まずは、ホテルエントランスです。
開放感抜群のエントランスからロビースペースを見ています。

ロビースペース
エントランスを進むとロビースペースがあります。

レセプション
その奥は、レセプションです。

エントランスから所々にある釣鐘のようなオブジェですが、
こちらは、蜂の巣のオブジェなんです。
中をのぞくとちゃんと蜂の巣のように穴が空いているんですよ。

それでは、ロビーをあとにし客室へと向かいましょう。

客室1

客室2
白を基調としたお部屋に淡い色のインテリアが配され、
清潔感のあるイメージです。
天井では、ファンが回りリゾート気分を盛り上げてくれます。

サイドテーブル
壁面に組み込まれているベッド脇のサイドテーブルです。

マルチコンセントと照明コントロール
壁面には、照明コントロールとマルチコンセントが配されています。
マルチコンセントですので、日本の電気製品をそのままご利用
いただけますが、変圧機能がありませんのでご注意ください。

リビングスペース
ベッド横には、ゆっくりと寛ぐことができそうなソファーがあります。
このソファーは、居心地が良さそうでここで眠ってしまいそうです。

ベッドの正面には、テレビがあります。

アイフォンステーション
テレビ下の収納には、アイフォンステーションがあります。
旅先のホテルでアイフォンに入っているお気に入りの
音楽を聴きながら寛ぐことができますね。

オブジェ

冷蔵庫
お部屋に入ってすぐの脇に壁に棚がつくりこまれていて
そちらに冷蔵庫やティーセットが収められています。

クローゼット
こちらは、クローゼットです。
写真では、わかりにくいかもしれませんが、こちらウォークイン
クローゼットなんです。
中には、アイロン台やアイロン、セイフティボックス、
ランドリーボックスが収められ、奥の棚は、トランクスペースです。

客室2
先ほども登場したこちらのお部屋の中の様子ですが、
わかりにくいですが、ベッドの正面にテレビがあります。
テレビがある壁面、写真でいう右の水色っぽい壁ですが、
この壁の向こうがバスルームです。

バスルーム
こちらがバスルームです。
テレビが収められている壁の両側がバスルームへの扉となっています。
ほんとにわかりにくくて申し訳ありませんが、洗面台の鏡に
扉の向こうのベッドとソファーが写っています。

洗面台
それでは、改めてこちらが洗面台。
シンプルで使い勝手の良さそうなダブルシンクです。
スペースも広く2人で並んで使っても充分な広さがあります。

アメニティ
シンクの真ん中のボックスの中には、アメニティグッズが収められています。

ヘアドライヤー
シンク下の引き出しには、ヘアドライヤーが収められていますよ。

湯沸かし器 洗面台脇のマルチコンセント
洗面台の上には左サイドに湯沸し器が置かれ、右サイドの壁面には、
マルチコンセントがあります。

バスタブ
バスルームの1番明るい場所にバスタブがあります。

シャワースペース
仕切りなどなどなく同じスペースにレインシャワーと
ハンドシャワーがあります。

バスタブとシャワーブースが別れているのもいいですが、
バスチェアーがありこれぞお風呂!
という日本のお風呂に近いものも落ち着きますね。
ただ、スクリーンが降りるとはいえ外から丸見えの
スペースにお風呂があるというのはちょっと落ち着かない
気がしますね。

バルコニー
1階のお部屋は、ガーデンにも行き来が可能なテラスです。

バルコニーのテーブルセット

              バルコニーのソファ
広いスペースのテラスには、ソファーとテーブルセットが
置かれています。
室内は、禁煙ですので愛煙家の方は、こちらでどうぞ。

シンプルで洗練されたお部屋です。
ご夫婦やカップルの方におすすめです。

続いて、ホテルのその他の施設もご紹介していきます。

まずは、人気のスパからです。

スパエンブレム
「VIE SPA」です。

スパレセプション
まずは、スパレセプション。
人気のスパですので、ホテルに到着されたら早めのご予約を
おすすめします。

スパレセプション上の照明
レセプションの上の高い天井からは、ホイアンの
ランタンを思わせるような照明が下がっています。

レセプションからの回廊
レセプションからトリートメントルームへと続く回廊です。

トリートメントルームエントランス
トリートメントルームは、このように独立した
ヴィラタイプになっています。

トリートメントルーム1

          トリートメントルーム2

                  トリートメントルームジャグジー
トリートメント内部は、マッサージベッドや大きなソファー、
外には、ジャグジーもありますよ。

フットスパスペース
フットスパをご希望のお客様には、こちらのスペースで!

リラクゼーションスペース
スパトリートメントの後には、こちらのリラクゼーションスペースで
ゆっくりとお過ごし下さい。

続いてレストランをご紹介。

グリーンハウス1

グリーンハウス2
本格的なベトナム料理と西洋料理の
「Green House」

ビーチハウス1

ビーチハウス2
伝統的なベトナム料理と西洋風グリルの
「Beach House」

ダナンのビーチ沿いに佇むリゾートホテルです。
もちろんプールもあります。

ダナン ハイアット プール2

     ダナン ハイアット プール3
2枚目のプール写真の奥で人が集まっているのが
わかりますか??

結婚式1

             結婚式2
私達が取材に訪れたこの日、偶然結婚式が行われていたんです!
参列者と一緒に拍手で祝福させていただきました!!
滞在中にこんな偶然に出くわすかもしれませんね。

ダナンのビーチ沿いに佇み、ダナンの市内や五行山への
観光にも便利なハイアットリージェンシーダナンリゾートスパ。
ご夫婦やカップル、ファミリーにもおすすめのホテルです。


   ハイアットリージェンシーアンドスパ利用のツアーが
掲載されているアジアワールドのホームページはこちら
   http://asia.kisinter.com/


掲載の情報は、2012年11月現在のものです。

スポンサーサイト

フラマリゾート

フラマリゾート

フラマロゴ

注目を集めるベトナム・ダナンの中心地から程近い
美しいビーチを有する「フラマリゾートダナン」。
緑豊かなリゾート内は、カラフルな花々がお出迎えしてくれます。
海を眺めながら食事をとれるレストランやプール、スパなど
充実の施設をほこります。
フラマリゾートは、ベトナムで最初に5つ星をとったホテルと
しても有名で、隅々まで行き届いたサービスをご堪能いただけると
思います。

それでは、リゾート内をご紹介していきます。

エントランス1
ホテルのエントランスです。
すっきりとした印象のエントランスですね。

早速、ホテル内へと入っていきましょう。

ホテルロビー1
吹き抜けがより一層広く感じさせてくれるロビーです。
ホテルロビー2

ホテルロビー3
ロビーには、ダナンが拠点となるミーソン遺跡を連想させる
彫刻のオブジェが配されています。

レセプション
こちらは、レセプションです。
レセプションのカウンターに彫刻が施されています。

ロビー棟からリゾート内をのぞむ
ロビー棟からリゾート内をみています。
写真では、少しわかりにくいですが、ガーデンの向こうにプールが
ありその向こうに青く見えているのは海です。
ベトナムというとリゾートのイメージがあまり無いという方もいらっしゃると
思いますが、ダナンは、同じくベトナムのニャチャンと並びビーチリゾート
としても注目を集めています。

客室棟外観
それでは、ロビー棟を後にし、緑豊かなガーデンを抜け
客室棟へと向かいましょう。

今回は、ラグーンビュースーペリアルームをご紹介します。

客室1
客室の様子です。
木のぬくもりが感じられるお部屋ですね。

客室4

客室2

客室3
インテリアもベトナムらしいデザインで優しい印象です。

サイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルに置かれているランプのデザインも
ベトナムらしいですね。
車で30分程で行くことのできるホイアンのランタンを
どこか連想させます。

ソファースペース
ベッドの脇には、ゆったりと広いソファースペースがあります。
クッションや壁に掛かった緑がこの部屋には浮いているように
感じてしまうかもしれませんが、お部屋の窓から見える
リゾート内の緑とマッチして全く違和感をかんじませんでしたよ。

ベッド正面にテレビ
ベッド正面には、テレビがアンティーク風のラックに
収められています。
お部屋のスペースの使い方が贅沢ですね。

デスク周り
テレビラックの隣、ソファースペースの正面には、
デスクがあります。大きな鏡もありますので、
化粧台としてもお使いいただけます。

デスク上のLANケーブル
デスク上にLANケーブルがあります。
ご利用に関しての詳細は、ホテルにてご確認下さい。

             デスク下にコンセント
デスク下にコンセントがあります。

デスク引き出しにマルチコンセントのタップ
デスク引き出しに懐中電灯とともにマルチコンセントのタップが
収められています。
こちらで日本の物もそのままご利用いただけますが、変圧機能が
ありませんのでご注意ください。

バルコニー
お部屋には、バルコニーもありますよ。
緑豊かなガーデンやラグーン(プール)を眺めてのんびりできます。
バルコニーからのながめ

湯沸かし器とティーセット 冷蔵庫
お部屋の入口からベッドスペースに入る直前にある棚の上部に
湯沸し器とティーセットなどが配されています。
その下の開きの中には、冷蔵庫が備えられています。
お酒やスナック類、冷蔵庫の中の飲物は、有料ですよ。
ご利用された場合には、チェックアウト時に精算をお願いします。

お部屋の入口からすぐのところにある扉を入ると、

ウォークインクローゼット
バスルームへ向かう途中がクローゼットスペースなんです!
ウォークインクローゼット風ですね。

クローゼット1 クローゼット2
クローゼット部分には、セイフティボックスがあります。
反対側は、トランクスペースです。
傘やリゾート内でご利用いただけるバックがあります。

では、その先のバスルームもご紹介します。

洗面台
洗面台です。
シンクの上の木枠と同じ幅の大きな鏡があります。

ヘアドライヤー アメニティ
洗面台脇の壁面にヘアドライヤーが備えられています。
バスアメニティもコンパクトにボックスに収められています。

シャワーブース
シャワーブースです。
こちらのお部屋は、バスタブが無いお部屋ですが、
その分すごくゆったりとしたシャワースペースです。
壁面固定式とハンドシャワーがあります。

リゾートホテルらしく、ゆったり広々とした
お部屋のつくりで、お部屋スペースは、40.1㎡、
バルコニースペース11.3㎡と充分な広さです。

それでは、リゾート内のその他の施設もご紹介していきます。

スパエントランス1

            スパエントランス2
まずは、人気のスパからです。

スパトリートメントルーム
こちらで種類豊富なスパトリートメニューからお好みの
コースを選択していただいてリフレッシュして下さい。

スパリラクゼーションスペース
トリートメントが終了したらこちらのリラクゼーションスペースで
のんびりと過ごしてください。

フィットネスセンター
スパに隣接するフィットネスセンターです。
ダナンの美味しい食事を食べすぎてしまったときは、
こちらのフィットネスセンターへどうぞ!

プライベートビーチ
続いて、リゾートの目の前に広がるプライベートビーチです。
私が訪れたのは、雨季の終わりかけのシーズンなのですが、
気候的には、海が気持ちよさそうでした。
ただ、地元の人に聞くと雨季は海に入らないということでした。
確かに風が強く波が高くなっていましたので、郷に入れば
郷に従えで無理はしないでください。
11月から4月の乾季には、サーフィンも出来るそうですよ。
日本ではあまり知られていませんが、多くのサーファーが
訪れるそうです。ダナン市内には、サーフショップもあるそうです。

メインプール
海に入れなくてもご安心ください。
リゾート内には、プールがあります。
こちらは、海を眺めながら入ることができるメインプールです。

ラグーンプール2

       ラグーンプール1
こちらは、ラグーンプールです。

HAI VAN LOUNGE
まずは、軽食やカクテルが楽しめる「HAI VAN LOUNGE」

オーシャンテラス
こちらは、美しい海を眺めながらお食事やお飲み物が楽しめる
「オーシャンテラス」

DON CIPRIANIS 入り口 DON CIPRIANIS
プールサイドのレストラン
「DON CIPRIAN'S」

その他にもアジア料理が中心の「CAFE INDOCHINE」や
ラグーンプールの脇にたたずむ「LGOON BAR」なども
あります。
気分に合わせてお楽しみいただけます。

ダナン フラマリゾート 爪楊枝にシナモンの塗ってある
こちらは、フラマリゾートのレストランにある爪楊枝なんですが、
先の方が少し茶色くなっているのがわかりますか?

実はこれ爪楊枝の先にシナモンのパウダーが付けられているんです。
おいしい爪楊枝ですよ!

ダナンの中心地や五行山には車ですぐのところ。
ホイアンへも車で30分ほどで行くことができる
フラマリゾートです。
ショッピングや観光に最適なホテルです。
ご家族やご夫婦、カップル、女子旅などにも
おすすめのホテルです。

アジアのビーチリゾートとしても注目を集めつつある
ダナンのフラマリゾート、是非ご利用ください。

フラマリゾート利用のツアーが満載の
   アジアワールドのホームページはこちら
   http://asia.kisinter.com/

記載の写真などの情報は、2012年11月現在のものです。 

フュージョンマイアダナン

フュージョンマイアダナン


FMDN - Fusion Maia Da Nang Logo

ベトナムのビーチリゾートしても注目を集める中部のダナン、
ミーケビーチに位置する高級リゾート「フュージョンマイアダナン」
宿泊者の特典として、なんと滞在中スパのトリートメントが受け放題!
客室は、全てにプライベートプールや中庭が付いたヴィラタイプです。
ダナン市内まで約10分、ホイアンまで約20分、五行山まで約5分と
ダナンを満喫するのに最適なホテルです。

それでは、リゾート内をご紹介していきます。

フュージョンマイア ロビー棟
まずは、ロビー棟です。
白を基調としたシンプルなデザインでまとめられています。

フュージョンマイア レセプション
こちらは、レセプション。
白や淡いグレーのユニフォームでスタッフの方が出迎えてくれます。

フュージョンマイア ロビー棟ソファースペース
こちらは、ロビー棟内のソファースペースです。
海からの心地よい風が吹きぬけていく、居心地のいいスペースです。

それでは、ロビー棟をあとにしてお隣のラウンジへと移動していきます。

フュージョンマイア ロビーラウンジ
ロビーラウンジのカウンター席の向こうは、吹き抜けになっていて
ホイアンの提灯を思わせる色取り鮮やかなオブジェがあります。

フュージョンマイア ロビー棟から海へと続く回廊
ロビー棟の向こうは、広大な敷地のリゾートが広がります。
まっすぐ海へと続くこちらの回廊を抜けお部屋へと向かいます。

フュージョンマイア ヴィラ同士をつなぐ回廊
全室ヴィラタイプのフュージョンマイア、こちらの綺麗に整備された
通路を抜け、各ヴィラへと向かいます。
人の目線よりも少し高い位置に若い竹や樹木を使い塀が作られて
いますので、ヴィラ内が見えてしまうようなことはありません。

それでは、ヴィラ内をご紹介していきます。

フュージョンマイア 客室入口
太陽の光が降り注ぐ明るい室内へと進んでいきましょう。

フュージョンマイア 客室1
お部屋入るとリビングスペースが広がっています。
天井には、ファンが設置され南国ムード満点です。
インテリアもシンプルにまとめられています。

フュージョンマイア デスク上にアイフォンステーション
リビングのデスク上には、アイフォンステーションが備えられています。
旅先でお部屋のスピーカーからお気に入りの曲を聴きながら、
ゆったりとしたお時間を過ごしていただくことができます。

フュージョンマイア 客室 ベッドスペース1

フュージョンマイア客室 ベッドスペース2
客室内は、入口からリビングスペース→ベッドスペース→バスルーム
というつくりになっています。

こちらは、ベッドスペースです。
こちらもシンプルなつくりです。

フュージョンマイア ベッド脇のサイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルです。
大きなランプが備えられています。

フュージョンマイア 客室内のキャビネット
ベッドスペースとリビングスペースを仕切るように配された
キャビネットです。
エスプレッソマシーンと冷蔵庫、無料のミネラルウォーターと
ティーセットが収められています。

セイフティボックスもあります。
お部屋を出られる場合には、貴重品はこちらにお願いします。

フュージョンマイア クローゼット
冷蔵庫などが収められているキャビネットの隣は、クローゼットです。
リゾート内でご利用いただけるバッグが収められています。

フュージョンマイアダナン テレビ
ベッドスペースとバスルームを仕切る壁には、テレビがあります。
こちらのテレビですが、ベッドとバスタブのどちらからも視聴できる
ように回転する棚に収めれているんです。

フュージョンマイア 客室 バスルーム
続いてバスルームです。
写真に写っている洗面台スペースとトイレ、先ほどのテレビを
ご紹介する写真にも少し写っていましたが、バスタブと
シャワーブースからなります。

フュージョンマイア 洗面台
洗面台です。
ダブルシンクでお二人で並んで使用してもゆったりしたスペースが
確保されています。

フュージョンマイア アメニティ1

フュージョンマイア アメニティ3
洗面台の上には、ボトルケースに収められミネラルウォーターが
あります。
無機質なペットボトルもボトルケースに入っているだけで
イメージが全く違いますね。
こちらのボトルケース、お客様にも好評でホテル内のショップで
購入することができますよ。

フュージョンマイア アメニティ2
クリアボックスの中には、石鹸などのアメニティが
収められています。

フュージョンマイア 洗面台脇のマルチコンセント
洗面台の脇の壁面には、マルチコンセントがあります。
マルチですので、日本の家電などをそのままご利用
いただくことができますが、変圧機能がありませんので、
ご注意ください。

フュージョンマイア バスタブとシャワーブース
こちらは、先ほどテレビをご紹介する際の写真にも
ありましたが、バスタブとシャワーブースです。
バスタブの中央に蛇口がありますが、写真でみると
一番奥のレバーのような取っ手があります。
こちら実は、ハンドシャワーなんです。

フュージョンマイア シャワーブース
こちらは、シャワーブースです。
ハンドシャワーとレインシャワーが設置されているんですが、
レインシャワーがどこにあるかわかりますか??

天井にある換気口のように見える四角いシルバーの部分、
こちらがレインシャワーなんです。
今までいくつかのホテルを見させてもらっていますが、
このようなタイプは、初めて見ました。

フュージョンマイア ベンチスペース
ゆったりとしたスペースが確保されているバスルーム、
トイレとシャワーブースの間にこのようなベンチスペースが
あり、バスローブとサンダル、ヘルスメーターが備えられています。

続いて、お部屋の外をご紹介します。

フュージョンマイア ヴィラ内プール1

            フュージョンマイア ヴィラ内プール3

フュージョンマイア ヴィラ内プール2

            フュージョンマイア ヴィラ内プール4
ヴィラ内のプールです。
圧迫感のあるような高い塀ではなく、身長よりも少し高い位の
塀や樹木で囲まれプライベート空間が確保されています。
サンベッドやリビングセットが置かれ、ゆっくりとくつろいで
いただくことができます。

ホテル全体としてもいえることですが、お部屋内はシンプルな
デザインで統一され、すっきりとしたイメージです。

その他の施設もご紹介していきます。

フュージョンマイア プール1
ロビー棟から海の方へまっすぐ進んだ場所にある、
メインプールです。
ヴィラ内のプールでは、遊び足りないという方は、こちらの
広いプールで思う存分、遊ぶことができます。

レストランもご紹介します。

フュージョンマイア イタリアンレストラン FRESH2

        フュージョンマイア イタリアンレストラン FRSH
プールサイドにあるイタリアンレストランの「FRSH」です。
プールと海が眺めることが出来るテラス席が人気です。

フュージョンマイア 「FIVE」
こちらは、地元ダナンの新鮮な食材を使ったアジアン料理の
「FIVE」
オープンキッチンが特徴的です。

続いて、人気のスパをご紹介します。

ダナン フュージョンマイア スパ 外観
スパの外観です。

フュージョンマイア スパレセプション
こちらは、スパのレセプション。

ダナン フュージョンマイア スパ レセプション上の照明
レセプションの上部には、大型のデザイン照明があります。
暗くなって灯りがともったところを見てみたいですね。

フュージョンマイア スパ 日本語表示のスパメニュー
レセプションには、日本語で記載されたスパメニューも
ありますので、メニュー内容をしっかり把握された上で
トリートメントを選んでいただけると思います。

ここで少しフュージョンマイアのスパに関してご説明させていただきます。

フュージョンマイアでは、ナチュラルリビングセラピーズとして
ナチュラルなライフスタイルをおくるためのキーをご用意しております。
マイアスパでの全てのトリートメントは、お客様に無料にてご利用いただけます。
ナチュラルリビングプログラムとは、精神状態を整えるアクティビティーや
バランスのとれた食事を通して健康になっていただく、全ての取り組みです。
私たちの理念であり、健康に暮らすためのヒントを詰めた7つのデイリー
プラクティスを7色のカラーで表現し、ご提案しております。
カラフルなデイジーからサイクリングツアーまで、私たちのウェルネスに
対する全相関的な取り組みそして理念は、お客様にこのフュージョン
フィーリングを身に付け、お帰りの際には、その考えをお持ち帰り、
そして日々の暮らしの中で継続していただきたいと考えております。

上記のような理念を基に種類豊富なスパメニューが用意されている
マイアスパです。

 http://www.baliworld.net/pdf/fusionmaia.pdf
スパメニューは、上記URLへとすすんでいただきますと詳細に
記載されております。

スパに関する注意事項も記載させていただきます。

■ スパの営業時間:午前10時~午後10時
■ ご到着前の事前予約に関しましては、最初の2回のトリートメントのみ
  受け付けております。それ以降のご予約は、リゾートにご到着時に
  お取りいただけます。
■ スパトリートメントは、チェックイン時間(14時)以降となります。
■ ご到着時には、ご滞在中一日につき2回(メニューに表示の時間)の
  ご予約が可能です。これらの事前のご予約はmオフピーク時間(12時~
  18時)のみとさせていただきます。
■ 追加のトリートメントに関しましては、その日の最初の2回のトリート
  メントをお受けになった後となり、予約はその日の空き状況次第と
  なります。
■ 一回のトリートメント(ご予約)は、最大2つのトリートメントセッションの
  組み合わせまでとさせていただきます。次のトリートメントに移る前には、
  リフレッシュメントをお取りいただくようお願いいたしております。
■ ご予約時間に遅れた場合、遅れた分トリートメントの時間が短縮されます。
  また事前のご連絡無しに、15分以上遅れた場合にはご予約は自動的に
  キャンセルとなります。
■ ご予約時間までに、ご連絡無くお越しいただけなかった場合、その当日
  にご予約された追加のスパはお受けできません。
■ スパトリートメントは、ご出発日(チェックアウト日)の正午までに
  終了いただくようお願いいたします。正午以降のトリートメントに
  関しましては、別途料金を頂戴いたします。
■ スパトリートメントを他のサービスへの変更、またご利用になれなかった
  トリートメントの返金、他人への譲渡は不可とさせていただきます。
■ 最初のスパのご予約は、Emailにてお知らせください。
   spabooking-dn@fusion-resorts.com

滞在中、無料でご利用いただけるスパです。
注意事項をよくご確認いただきまして、ご利用ください。

フュージョンマイア スパ内のプール
スパ内には、専用のプールもあります。


カップルやご夫婦、女性同士のご利用におすすめの
フュージョンマイア。
スパ三昧の日々を送ることもできますし、世界遺産ホイアンなどを
観光する拠点としてもおすすめのホテルです。
是非、ご利用ください。


アジアワールドのホームページはこちら
 http://asia.kisinter.com/

記載の情報は、2012年11月現在のものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。